キー溝の製図|キーとキー講,こう配,テーパ

キー溝の製図

キー溝(keyway)とは、軸からの動力を歯車などに効率よく伝わるように、軸に作る溝である。歯車側にキー(key)を作り、キー溝に差し込む。キー溝の表し方はJISにより規定されている。

目次

軸のキー溝

軸のキー溝は、キー溝の幅深さ、長さ、位置、端部を表す。

フライス盤によるキー溝

キー溝の端部をフライスなどによって切り上げる場合は、基準の位置から工具の中心までの距離と工具の直径とを示す。

キー溝の深さ

キー溝の深さは、キー溝と反対側の軸径面から、キー溝の底までの寸法で表す。ただし、特に必要な場合には、キー溝の中心面における軸径面から、キー溝の底までの寸法(切込み深さ)で表す。

テーパ軸のキー溝

テーパ軸のキー講指示例(JIS B 0001:2010)
テーパ軸のキー講指示例(JIS B 0001:2010)

穴のキー溝

  1. 穴のキー溝は、キー溝の幅や深さを表す寸法で指示をする。
  2. キー溝の深さは、キー溝と反対側の穴径面からキー溝の底までの寸法で表す。ただし、特に必要な場合には、キー溝の中心面における穴径面からキー溝の底までの寸法(深さ)で表す。
  3. こう配キー用のボス(突起部分)のキー溝の深さは、キー溝の深い側で表す。
  4. キー溝が断面に現れている場合のボスの内径寸法は、片矢の端末記号で指示をする。
穴のキー講の表し方(JIS B 0001 2010)
穴のキー講の表し方(JIS B 0001 2010)
穴のキー講で特に必要な場合の表し方(JIS B 0001 2010)
穴のキー講で特に必要な場合の表し方(JIS B 0001 2010)
穴に対する止め輪溝の寸法指示例(JIS B 0001:2010)
穴に対する止め輪溝の寸法指示例(JIS B 0001:2010)
内径に凹または凸がある場合の例(JIS B 0001 2010)
内径に凹または凸がある場合の例(JIS B 0001 2010)

円すい穴のキー溝

円すい穴のキー溝は、キー溝に直角な断面における寸法を指示する。

円すい穴のキー溝の指示例(JIS B 0001 2010)
円すい穴のキー溝の指示例(JIS B 0001 2010)

円筒軸の複数のキー溝

円筒軸の複数のキー溝は、一つのキー溝の寸法を指示し、別のキー溝には個数を指示する。

複数の同一寸法のキー溝の寸法指示例(JIS B 0001 2010)
複数の同一寸法のキー溝の寸法指示例(JIS B 0001 2010)

円筒軸の止め輪溝

円筒軸に設ける止め輪溝は、溝幅および溝底の直径を指示する。

止め輪溝の寸法指示例(JIS B 0001:2010)
止め輪溝の寸法指示例(JIS B 0001:2010)

円筒穴の止め輪溝

円筒穴に設ける止め輪溝は、溝幅および溝底の直径を指示する。

穴に対する止め輪溝の寸法指示例(JIS B 0001:2010)
穴に対する止め輪溝の寸法指示例(JIS B 0001:2010)

こう配

こう配は、こう配をもつ形体の近くに参照線で指示する。参照線は水平に引き、引出線を用いて形体の外形と結び、こう配の向きを示す図記号を、こう配の方向と一致させて描く。

こう配の表し方(JIS B 0001:2010)
こう配の表し方(JIS B 0001:2010)

テーパ

テーパは、テーパをもつ形体の近くに参照線で指示をする。参照線は、テーパをもつ形体の中心線に平行に引き、引出線を用いて形体の外形と結ぶ。ただし、テーパ比と向きを特に明らかに示する必要がある場合には、テーパの向きを示す図記号を、テーパの方向と一致させて描く。

テーパの表し方(JIS B 0001:2010)
テーパの表し方(JIS B 0001:2010)

Sidebar