エピクロス派|快楽主義を求めるヘレニズム哲学

エピクロス派

エピクロス派は、エピクロスに始まるヘレニズム哲学の一派である。快楽主義の立場にたち、快楽を重視した。エピクロス派の快楽は一時的な肉体の快楽ではなく、持続的な精神的な安定に基づく快楽を意味する。これは、政治からの逃避という側面もち、ローマ帝国時代には衰退した。

目次

エピクロス

エピクロス(前342年ー前271年頃)は、サモス島出身の哲学者である。アテネで活躍し、エピクロス派を創始した。


Sidebar