アリストファネス|平和を愛したアテネの喜劇作家

アリストファネス

アリストファネスは、前450頃~前385頃に活躍した古代ギリシアアテネの喜劇作家である。ペロポネソス戦争の時代に、平和主義の立場から政治や文化の問題を取り上げ、デマゴーグやソクラテスエウリピデスらの文人を風刺・批判した。このことは当時のアテネ民主主義が発達に伴う、表現の自由が認められていたことを示唆している。

目次

『女の平和』

『女の平和』はアリストファネスの代表作で、女性の性的ストライキにより平和を実現させる空想劇である。ペロポネソス戦争の最中に、ペロポネソス戦争に対する反戦劇が作られており、当時の大幅な言論の自由の存在を知ることができる。

『女の議会』

『女の議会』は女性の議会占拠のおかしみを通して、アテネの政治を批判した作品である。

『雲』

『雲』では〝虚言のの祭司〟としてソクラテスが揶揄されており、我々のイメージとは違うソクラテスを描いている。


Sidebar