ばね鋼(SUP)|ばね鋼鋼材

ばね鋼(SUP)

ばね鋼(SUP材)とは、ばねに適した材料で、ばね鋼は、振動や衝撃に耐えられる大きな弾力性をもち、繰返し荷重に耐えることができる。コイルばね、重ね板ばね、トーションバーなどに用いられている。主に熱間成形によって形づくられる。用途としては、自動車向けが多い。JISではSUPの記号で表され、高炭素鋼鋼材のSUP3、シリコンマンガン鋼鋼材のSUP6、SUP7、マンガンクロム鋼鋼材のSUP9のほか、用途に応じていくつかの規格がある。

ばね鋼の種類

ばね鋼の種類

ばね鋼鋼材

ばねは、荷重がかかると弾性変形を行い、荷重を解放すると元の形状に回復する。ばね鋼鋼材は、このようなばねの性質に適した材料で、ばねは、ばね鋼鋼材によって作られる。高い弾性限と耐疲労限に優れているのが特徴である。

ばねの焼戻し

ばね鋼鋼材は焼入れしたあと焼戻しを行うが、ばねの焼き戻し(中間焼戻し)は、中間の温度約450°C前後で行う。低温すぎると靭性が少なくなるため、脆くなりすぎ、高温すぎると、靭性が大きくなりすぎ、ばねは伸びたままで元に戻らないためである。

大型ばね

大型ばねは、合金鋼のSi-Mnばね鋼、Si-Crばね鋼、Cr-Vばね鋼がある。特殊品としてステンレスばね鋼がある。

小物ばね

たいてい、小物ばねは、冷間加工して成形される。加工硬化を生じているため、焼入れを省略し、焼戻しだけを施工する。