ねじの製図|おねじとめねじの製図のルール

ねじの製図

ねじは、おねじ(ねじ側)とめねじ(ねじ穴側)に分けられる。それぞれ厳密なルールが規定されており、製図の際は注意しなければならない。なお、ねじメーカーから配布されている図面を使用する場合が一般的である。

おねじの製図

ねじの製図

ねじの製図

  1. ねじ山の頂(おねじの外径)を表す線は太い実線で描く。
  2. ねじの谷底(おねじの谷の径)を表す線は細い実線で描く。
  3. ねじを端面から見た図で表す場合には、ねじの谷底の円は円周の約3/4の細い実線で描き、右上方約1/4を開けるのがよい。また、面取りの円は一般に省略する。
  4. 不完全ねじ部は、細い斜めの実線で描く。(省略可能)
  5. ねじ部の長さの境界を示す線は太い実線を用い、おねじの場合は外径まで描く。
  6. 隠れているねじを表すには細い破線で描く。

めねじの製図

めねじの製図

めねじの製図

  1. めねじの内径を表す線は太い実線で描く。
  2. めねじの谷の径を表す線は細い実線で描く。
  3. ねじを端面から見た図で表す場合には、ねじの谷底の円は円周の約3/4の細い実線で描き、右上方約1/4を開けるのがよい。また、面取りの円は一般に省略する。
  4. ねじ部の長さの境界を示す線は太い実線を用い、めねじの場合は谷の径まで描く。
  5. ドリルの尖端の製図は120°にする。(ドリルの尖端は118°である。)
  6. ハッチングの入れ方には注意する。

断面

断面で示す場合には、ハッチングはねじ山の頂を示す線まで描く。

隠れたねじ

かくれているねじ

かくれているねじ

隠れたねじは細い破線で描く。

その他

おねじとめねじが組み合わされた状態では、おねじは常にめねじをかくした状態(おねじを主体)で描く。

ねじを表す記号

ねじの種類を表す記号

ねじの種類を表す記号

タイトルとURLをコピーしました