製図

工学

ばねの製図|機械製図

ばねは圧縮ばね、角ばね、引張ばねなどがある。ばねは複雑であり、しばしば簡略化して描かれる。 ばね製図 1.一般にコイルばね、竹の子ばね、うずまきばね、皿ばねは無負荷の状態で描く。2.重ね板ばね...
工学

図面|図面の基本とプロセス,土木,建築,機械

図面 図面とは、土木・建築・機械などの構造・設計などを明らかにするための設計図である。対象物を平面上に図示するもので、設計製図者・製作者の間、発注者・受注者の間などで、必要な情報を伝えるための手段として使用される。図面は、JIS規格(...
工学

しまりばめ|JIS,機械設計,製図

しまりばめ しまりばめとは、穴と軸を組み立てたときに、常にしめしろができるはめあいである。すなわち、穴の最人寸法が軸の最小寸法よりも小さいものである。その他、必ず、すきまができるはめあいをすきまばめ、すきまあるいはしめしろができるはめ...
工学

中間ばめ|JIS,はめあい,機械設計

中問ばめ 中間ばめとは、組み立てた穴と軸の間に、実寸法によってすきま、または、しめしろのどちらかができるはめあいである。穴と軸の公差域が全体または部分的に重なり合う。その他、はめあいには、すきまができるすきまばめがある。
工学

製図における寸法|種類と基本ルール

製図における寸法 製図における寸法とは、企画や計画、機械・建築物の目的を果たすためにそれぞれの尺度(寸法)が図面に書き込まれた数字である。単位はミリメートル(mm)を扱い、単位記号は省略される。一般に狙いの数字と許容される公差が書き込...
工学

加工前・加工後の形の製図|JIS,機械設計

加工前・加工後の形の製図 加工前の形、あるいは加工後の形を表したい場合、細い二点鎖線(想像線)で図示する。その他、工具や治具、切断面なども細い二点鎖線(想像線)で表現する。 目次 加工に用いる工具・ジグなどの形の図...
工学

二点鎖線|機械設計,製図,JIS規格

二点鎖線 二点鎖線は製図において想像線や重心線を示すときに用意られる。 目次 線の太さ 細い二点鎖線 線の太さ 一般に一点鎖線は中心線、ピッチ線、切断線は細線で書かれ、特殊指定...
工学

ハッチング|製図,機械設計,JIS規格

ハッチング ハッチングとは、断面図で用いられる斜線である。断面図を作成したときに、図面にハッチングを書き込むことによって、断面図とみることができる。
工学

寸法補助記号|製図,JIS,機械設計

寸法補助記号 寸法補助記号は寸法数値に付加して、その寸法の意味を明確にするために用いる記号である。φ(円弧)、R(半径)、C(面取り)、t(厚さ)などがある。 半径 R 半径の補助記...
工学

機械設計|機械の設計とはなにか

機械設計 機械設計とは、機械要素や力学などの知識や経験を基に、要求される仕様に合った機械を創造する行為をいう。機械設計の大きな流れは、企画、設計、試作品、評価の工程で行われるが、製造、コスト、流通、販売まで視野にいれる必要があり、工学...