坂本龍馬 アーカイブ - Hitopedia

公議政体論|ヨーロッパ型の議会制度の導入

公議政体論 公議政体論は雄藩などの有力者を集めた議会を設置し、ここで議論をしながら政治を進めていこうとする考え方を公議政体論という。現在の国会のもとになるような考え方で後藤象二郎や坂本龍馬によって提起された。彼らの船中八… read more »

薩長同盟|坂本龍馬と中岡慎太郎の仲介による和解

薩長同盟 尊王攘夷を掲げ倒幕に進む長州藩と、近代化を推し進め幕府とも協力関係にあった薩摩藩とが互いの対立を和解し、薩長同盟を結んだ。土佐の中岡慎太郎や元土佐藩の坂本龍馬が政治的・経済的に仲介役を担い、国力を疲労させる内乱… read more »

寺田屋騒動|薩摩藩・島津久光と有馬新七の対立

寺田屋騒動 寺田屋騒動とは、京都の寺田屋で藩主・島津久光による薩摩藩急進派の弾圧事件である。文久2年(1862) 4月、薩摩の急進派の有馬新七と各藩の義勇、久留米水天宮の真木和泉守は、京都伏見の寺田屋で京都二条城を制圧し… read more »

『万国公法』ヘンリー・ホイートン

『万国公法』 『万国公法』は1865年、アメリカのヘンリー・ホイートンによって書かれた国際法に関する法律。アメリカ人宣教師ウィリアムス・マーチンによって漢訳された。慶応元年(1865)、『万国公法』が漢訳から和訳された。… read more »

武市半平太|土佐勤王党

武市半平太 武市半平太は、文政12年(1829)、武市半平太は土佐の長岡郡で生まれる。身分は白札。(白札は上士と下士との間の身分で、胸に白札をつけていたことからそう呼ばれる。)剣術に優れ、熱心な尊皇攘夷の志士であった。安… read more »

千葉佐那子

千葉佐那子 千葉佐那子は、千葉道場の一代目重太郎の妹である。北辰一刀流の免許皆伝を受けた。剣術や馬術もできた。絵を嗜んだ。気立ては優しく口風もすくない。坂本龍馬と婚約したが、結婚にはいたらなかった。生涯結婚はせず、明治1… read more »

Sidebar