倫理

哲学

定言命法

定言命法 定言命法とは、カントの倫理学の主要概念である。行為を条件的に「Bをすべし」という形で常に無条件で命じる道徳法則の命令形式をいう。いつ、どこでも人間に普遍的に適用する、カントの道徳法則の形式である。それに対し、「もしもAを欲す...
哲学

『実践理性批判』カント

『実践理性批判』(1788年)とは、人間の道徳的能力としての実践理性を検討したカントの倫理学・道徳論である。理性が立法した道徳法則にみずから従う、自律的で自由な主体としての人格について説かれる。 『純粋理性批判...
哲学

義務|カント

義務 義務とは、通常、 人々が各人の立場に対するしなければならない責任を果たすことをいう。ルール上、あるいは道徳上に責務を果たさなければならないことを言う。法律的束縛が伴う場合も多い。 カントの義務 カント...
哲学

仮言命法|カント

仮言命法 仮言命法とは、「もしもAを手に入れたければ、Bをせよ」という条件つきの命令。である。Bという行為はAという願望を実現するための手段にすぎない。そのため忠告や処世術には有効であるが、無条件で善を命じる道徳法則にはなりえない。功...
哲学

汝の意志の格率が、常に同時に普遍的な法則として妥当しうるように行為せよ

汝の意志の格率が、常に同時に普遍的な法則として妥当しうるように行為せよ カントの道徳法則の根本原理を示す標語である。動機主義といい、道徳の具体的な内容は重視せず、その行為に至る動機を重要視した。いつ、どこでも妥当する普遍的な道徳の形式...
教育学

ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ|教育学

ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ J.H.Pestalozzi ペスタロッチ(1746~1827)は、スイスの教育学者・教育家である。シュタンツ、イベルドン孤児院の学長を務めた。主著『隠者の夕暮』(1780)『立法と嬰児殺し』(178...
人文科学

ヘーゲルの弁証法

ヘーゲル弁証法 歴史を垣間見ていると、一定の法則(思想の流れ)によって動いているように思われる。さて、思想は生きた連関の中にあり、そのひとつに触れれば、必ず全範囲が振動を起こす。そのように結合されているものが、世界の全体相であるといえ...
人文科学

デイヴィッド・ヒューム|思想と哲学

デイヴィッド・ヒューム  David Hume 1711-1776 ディヴィッド・ヒュームは、イギリス・スコットランドの哲学者である。主著は『人性論』。哲学的懐疑論を唱え、伝統的な因果関係説を否定した。経験論を徹底させ、あらゆる事物の...
哲学

目的の国|カント

目的の国 目的の国とは、カントが理想とした道徳的共同体のこと。『道徳形而上学原論』で語られる。カントの「汝の人格ならびに他の人格における人間性を常に同時に目的として取り扱い、決して単に手段としてのみ取り扱わないよう行為せよ。」という理...
哲学

観想(テオリア)

観想(テオリア) theoria 観想(テオリア)とは、実用的な目的を離れ、真理を純粋に考察すること。セオリー(theory 理論)の語源である。 アリストテレスの観想(テオリア) アリストテレスにとって、知性・理...
タイトルとURLをコピーしました