ペルシア戦争

世界史

ペルシア戦争|ペルシアの侵攻とアテネの抵抗,世界史

ペルシア戦争 ペルシア戦争とは、アケメネス朝ペルシアとアテネを中心とする古代ギリシアのポリス同盟との戦争である。前480~前479の3回にわたるペルシアの侵攻を、古代ギリシアが撃破した。前449年のカリアスの和約で最終的に終結した。こ...
世界史

デロス同盟|アテネを中心に結成された対ペルシアの軍事同盟

デロス同盟 デロス同盟は、前478年頃結成した。ペルシアの再攻にそなえ、アテネを中心に結成された軍事同盟である最盛期にはエーゲ海周辺の約200のポリスが加盟したといわれる。本部はデロス島におかれた。加盟ポリスには、艦船・兵員が軍資金を...
世界史

テミストクレス

テミストクレス テミストクレスは、前528頃~前462に活躍したアテネの政治家である。当時ペルシア戦争でギリシア艦隊を指揮し、ペルシア軍を撃破、アテネの勝利を確実なものとしたことで知られる。しかし、後に、陶片追放によってアテネを追放さ...
世界史

アテネ|古代ギリシアの民主主義の都市国家ポリス

アテネ アテネは、イオニア人がアッテイカ地方に建設したポリスである。女神アテナにちなんで名付けられた。集住によって形成されたポリスの典型で、商業交易を主としてしだいに発展した。前8世紀半ばにアテネは王政から貴族政に移行し、大土地所有貴...
世界史

アケメネス朝ペルシア

アケメネス朝(アケメネス朝ペルシア) アケメネス朝(前550~前330)はアッシリアの崩壊により分裂した古代オリエントの国々(リディア、エジプト、新バビロニア、メディア)を再度統一し、世界帝国を築いた。アケメネス朝ペルシアは、イラン高...