Oリング

Oリング

Oリングは、断面が円形のゴム製のリングで、配管と配管の間をOリングをつぶすことによってシール(密封する)ための機械要素である。固定用あるいは運動用のシールとして用いられる。

Oリング_color_sketch

バックアップリング

バックアップリングとは、高圧で利用されるとき、Oリングと併用されて用いられる部品である。Oリングがすきまへはみ出して損傷するのを防ぐことができる。なお、使い方は、Oリングの低圧側に取り付けることがポイントである。

分類方法

Oリングの分類については、材料で分離する方法と用途別で分類する方法がある。

材料別分類

1種A:耐鉱物油用(ニトリルゴム相当)
1種B:耐鉱物油用(ニトリルゴム相当)
2種:耐ガソリン用(ニトリルゴム相当)
3種:耐動植物油用(スチレンブタジエンゴムまたはエチレンプロピレンゴム相当)
4種C:耐熱用(シリコーンゴム相当)
4種D:耐熱用(ふっ素ゴム相当) に分類されている

用途別分類方法

運動用:P
固定用:G
真空用:V

材質

Oリングの材質には、その性質状、使用温度や耐薬品性によって材料別に多種多様である。特殊なガスを使用する装置や高温になる場合は、特殊な材質のものが必要である。なお、一般に、耐温度に関しては、ニトリルゴム、シリコンゴム、ふっ素ゴムと順に耐温度が高くなる。