考古学

灰陶|黄河文明で出土した土器,鬲,鼎

灰陶 灰陶は、黄土地帯のほぼ全域から出土する、青灰色の厚手の粗製土器である。歴史的には、中国の新石器時代の初めに彩陶文化の時代に出現した。形状は様々だが、鬲(れき)と鼎(てい)に代表される三足土器が多く、縄文文様も多い。… read more »

線文字B|ミケーネ文明で使われた文字,線文字A

線文字B 線文字Bとはミケーネ文明の人々が使っていた文字である。(クレタ文明では線文字Aを使っていたが、解読はされていない。)イギリスの建築家ヴェントリスは1952年、未解読であった線文字Bにギリシア語の音価をあてはめて… read more »

Sidebar