経済学

世界史

社会民主主義(修正社会主義)|マルクス主義の否定

社会民主主義(修正社会主義) 社会民主主義(修正社会主義)とは、議会制民主主義を維持しながら、合法的・民主的な手段によってによる漸進的な社会改革と社会主義の実現を説いた。マルクスに代表されるような暴力革命やプロレタリア独裁を否定し、議...
哲学

アダム・スミス|経済学の父,『国富論』と『道徳感情論』

アダム・スミス Adam Smith アダム・スミスは、イギリスの経済学者・哲学者で、イギリスの古典派経済学の祖と呼ばれる。近代資本主義の支柱的役割を担った。主著は『国富論』『道徳感情論』。スミスの代表的な成果は経済学や倫理学に及ぶ。...
世界史

物象化|マルクス

物象化 Versachlichung,Verdinglichung 物象化とは、人と人の関係が、物と物の関係としてあらわれることである。マルクスの主著『資本論』の中でこの用語が使われている。マルクスの他、哲学者のジンメルや新カント学派...
哲学

唯物史観|マルクス・エンゲルスによる唯物論的歴史観

唯物史観 Historischer Materialismus 唯物史観(史的唯物論)とは、マルクス・エンゲルスが確立した、唯物論的な社会観・歴史観である。唯物論の土台のうえに、ヘーゲルの弁証法の考え方を取り入れることによって確立され...
世界史

疎外|ヘーゲル,マルクス,実存主義が説く不安

疎外 Entfremdung 疎外とは、人間の本質や人間性が、人間から離れてよそよそしく疎遠なものになり、非人間的な状態におちいること。また、人間に属していたものが、人間から離れて独立した権力を持ち、人間を逆に支配する非人間的な状況を...
世界史

搾取|ブルジョワジーによるプロレタリアートの支配と現在

搾取 搾取とは、生産手段が私有化されている社会において、支配階級(生産手段の所有者)が被支配階級による労働の成果をわがものにしてしまうこと。その時代の生産関係において、搾取の形態は変化するが、資本主義社会においては、資本家が、賃金とし...
世界史

生産関係|各時代の支配者と被支配者の関係,マルクス

生産関係 生産関係とは、人々の生産課程において、相互に取り結ぶ一定の社会的関係をいう。封建社会のもとでは領主と農奴、資本主義社会のもと資本家と労働者というように、人々は生産に際して関係を作る。一般にこの生産関係の基礎となるのは、生産手...
経済学

ビットコイン|基本と流れ,ブロックチェーン

ビットコイン 情報技術の発展に伴い生まれた仮想通貨のひとつ。2009年に初めて発行された。中央集権的な仕組みを持たず、利用者が直接に情報をブロックチェーンに送信することによって取引される通貨である。 ...
世界史

グラックス兄弟の改革|ローマ帝国の貧困対策

グラックス兄弟の改革 グラックス兄弟は格差が拡大するローマで再分配への改革した。平民派の勢力である。土地の再分配、貴族の独占を禁止する穀物法、貧民への援助策、騎士階級の向上を行ったが、元老院に反発され殺害される。 ...
世界史

シルクロード|漢-インド-ペルシア-ローマ帝国を結ぶ交易の道

シルクロード シルクロード(絹の道)は、洛陽・長安から甘粛をへて敦煌から西域南道または西域北道(天山南路)を通り、パミール高原を越えてイラン・メソポタミアをへて地中海沿岸に達し、東西文化圏を最短距離で結ぶ。約1万3000m。東からロー...