数学

数学

ラミの定理|3つの力のつり合い,力学

ラミの定理 ラミの定理とは、3つのカF1、F2、F3が、F1とF2, F2とF3、F3とF1のそれぞれのなす角θ3,θ1,θ3でつり合うとき、下図の関係式が成立する。
数学

重心

重心 物体は小さな部分の集合体であり、重力は各部分に分布している。しかし、実務的にはそれらを一点に集中させた合力として取り扱い、この作用点を物体の重心(G)という。長方形では対角線、三角形では三つの中線は一点で交わり、この点が重心とな...
工学

図形|点・線など幾何学的を対象とする

図形 図形とは、物の形を図に書いたもので、点・線など幾何学的を対象とする。一般的には、図式やグラフを指す。 目次 図形の切り口 製図 図形の切り口 図形の切り口とは、一つ以上の...
数学

三角比|三角比の定義と法則,鋭角三角比

三角比 三角比はOを原点とする座標平面上でA(γ,0)(r>0)とし、半円周x2+y2=r2(y≧0)上にある点P(x,y)を考える。∠POA=θ(0≦θ≦180°)とするとき、sinΘ=a/c,cosΘ=b/c,tanΘ=y/xと定...
世界史

アリスタルコス|地球の公転と自転,太陽中心説を主張

アリスタルコス アリスタルコスは、前310頃~前230頃に活躍した、ギリシアのサモス島出身の天文学者である。地球の公転と自転、太陽中心説を主張した。また文学や文献学にも精通しており、ホメロスの注釈などを行った。
世界史

エラトステネス|ヘレニズムの地理学者,天文学者,地球は球形である

エラトステネス エラトステネス(前275頃~前194)は、北アフリカのギリシア植民市キレネ出身の天文学者、地理学者である。アレクサンドリアで、ムセイオンの館長を務めた。地球を球形と考え、その周囲の長さを影の角度から計測して、約4万50...
人文科学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思っている。科学...
哲学

ダランベール|実証主義,『哲学要諦』 ,『百科全書』

ダランベール Jean Le Rond d'Alembert 1717.11.16 - 1783.10.29 ダランベールはフランスの数学者・物理学者・哲学者。主著は『文学,歴史,哲学雑集』、『哲学要諦』。貴族の血を引いていたが、婚姻...
哲学

クリスティアン・ヴォルフ|思想と哲学

クリスティアン・ヴォルフ Christian Wolff 1679-1754 クリスティアン・ヴォルフはドイツ・プレスラウ出身の哲学者・数学者。イェーナ大学で数学や哲学を学び、デカルトに大きな影響を受け、数学の方法論で哲学を行った。ハ...
天文学

アイザック・ニュートン|万有引力,微積分法,光のスペクトル分析

アイザック・ニュートン Sir Isaac Newton 1643-1727 アイザック・ニュートンは、イギリスの数学者・物理学者、古典力学を確立した。主著『プリンキピア』。1642年、12月25日、イギリスのリンカンシャーでニュート...