中国思想

儒学|日本における儒教研究,聖徳太子から明治維新

儒学|日本における儒教研究 儒学とは、中国古代に栄えた儒教の思想を基本とした学問である。中国、朝鮮、日本で発展した。日本では4~5世紀ごろに伝わり、室町時代の終わりまで学問は一部の知識人の間のみで伝授され、一般市民のもと… read more »

禅宗|禅,ZEN,曹洞宗,臨済宗,道元,栄西

禅宗 禅宗は、坐禅宗の略で、身を正して坐し、呼吸をととのえ、調息心をととのえる(調心)坐禅の実修を核心とする宗派である。仏心宗ともよばれる。 5世紀ごろ、インドの僧である達磨が、中国に伝えて発展した仏教の一派である。坐禅… read more »

知行合ー|倫理,ソクラテス,王陽明,中江藤樹

知行合ー 知行合ーとは、知っていることと行動が同じであるという考え方。主に心理学や哲学で語られる。古代ギリシアの哲学者ソクラテスとは、魂(プシュケー)のそなえるべき徳が何かを知れば、徳についての知識に基づいて誰でも正しい… read more »

楊朱|諸子百家と快楽思想

楊朱 ようしゅ 戦国初期 戦国初期に活躍。道家とされることが多い。当時、楊朱の利己主義や快楽思想が広まった。孟子は楊朱の快楽主義を「他人の髪の毛一本を抜くことすら拒む」徹底した利己主義として批判した。 目次 快楽主義 快… read more »

諸子百家|古代の中国の思想家

諸子百家 しょしひゃっか 諸子とは、多くの学者、先生を意味し、百家とは、多数の学者という意味で、ここでの百とは数字ではなく“多く”の、という意味である。その多くが春秋戦国時代に活躍したが、名家や法家、陰陽家といった学派は… read more »

鄒衍|中国の思想家,五徳終始説

鄒衍 すうえん 斉の出身。戦国後期に活躍した。陰陽五行家系統の思想家。資料については『漢書』芸文志は、「鄒子終始」五十六篇と「鄒子」四十九篇の二種類の書名を上げているが、あいにく現代には残っておらず、司馬遷が鄒衍の思想の… read more »

孫子|兵法「戦わずして勝つ」

孫子 春秋時代の末期、呉王闔廬に仕えた孫武が呉の戦争の教訓を元に体系的な軍事思想を記述した。孫武は厳格な軍令に基づく用兵術を持ち、呉王闔廬から実力を評価して、呉の将軍に採用された後、西方では強国の楚を破り、北方では晋や斉… read more »

Sidebar