中国思想

中国思想

中国思想|諸子百家,儒家,道家,法家,墨家

中国思想 中国思想は主に春秋・戦国時代で活躍した思想家によって築かれたといえる。このような人物たちを総称して、諸子百家(子は尊称で先生を意味し、家は学派を意味する)と呼ばれる。代表的な学派としては、儒家、道家、墨家、法家、兵家、名家な...
世界史

兵家|春秋戦国時代の戦術家,兵とは詭道なり

兵家 兵家は戦略を説く学派で多くの兵法書がつくられた。戦術や戦略を研究して、一家をなした孫武・孫臏(そんぴん)・呉起らの兵法学者が現れた。また、戦国時代の七雄が抗争するなかで、政治的な外交戦略が展開された。(参考:孫子) ...
世界史

冊封体制|中国による周辺諸国支配と国際秩序の形成

冊封体制 冊封体制とは、中国の皇帝が、儒教思想をもとにして周辺諸国の支配者との間で形式上の君臣関係を結ぶことによって形成された国際秩序である。冊封体制は、周辺諸国の君主が中国皇帝に朝貢の使節を送り、それに対して中国の皇帝が位階(王・諸...
世界史

名家|言語分析による弁論家,白馬は馬に非ず

名家 名家は、言葉(名)の分析をとおして弁論や説得を行う学派で、諸子百家の一派である。戦国時代に魏に仕えた恵子(恵施)や、趙に仕えた公孫竜が代表的な思想家。言葉(名)とそれがさし示す実体(実)の関係を正確なものにしようとした。言葉(名...
世界史

商鞅(しょうおう)|秦国の覇道を支えた法家,思想家

商鞅 商鞅(しょうおう)は衛の子で、刑名(法律)を学んだが衛の国ではうけいれられず、秦に入り、前361年以降、孝公に仕えた。商鞅は孝公に富国強兵を説いて受け入れられ、中央集権的支配体制の確立に努めた。 ...
世界史

墨家|戦国時代で非戦を説いた学者集団,諸子百家

墨家 墨家は、墨子を祖とする戦国時代の諸子百家の一派である。兼愛、非攻、尚賢、非楽、節用、節葬などを説いた。儒家の形式的な礼楽主義や貴族の世襲制を批判したため、手工業者や農民などの庶民の階層に支持され、戦国時代には儒家と対抗する二大勢...
世界史

天|天に選ばれた天子による易姓革命,思想と宗教

天 天は、古代中国の宗教・思想で、天が自然や人の運命を支配するという信仰のことである。天は人の上にある超越的な存在である。すべての人には天から天命とよばれる命令をうけており、天によって選ばれた君主は天子として国を統治する。 ...
世界史

春秋・戦国時代|周の滅亡と秦統一までの戦乱,中国史

春秋・戦国時代 春秋・戦国時代は、前770年~前221年、周の東遷から秦の統一までのおよそ500年間の戦乱の時代をいう。周の封建制度の崩壊から統一国家への移行期にあたり、侯が周の再興をかかげて覇者として争った前403年までを春秋、その...
世界史

李斯|秦の始皇帝の覇道を支えた法家,諸子百家

李斯 李斯(?~前208)は、法家で秦の始皇帝に仕え、法家思想に基づく強硬策を進言して統一を完成させた学者である。諸子百家のひとりで韓非子とともに荀子に学んだ。統一後は丞相として権力をふるったが、秦国の2世皇帝胡亥の擁立し、のちに刑死...
世界史

法家|法治主義を説き、秦の覇道を支えた,韓非子

法家 法家は、諸子百家の一つで、無力な礼ではなく、君主の定めた法による信賞必罰を励行し、人民を統治することを主張した学派である。斉の桓公に仕えた管仲をもち、韓に仕えた申不害と、奏に仕えた商塾・韓非・李斯が有名である。戦国時代は富国強兵...