錬金術

錬金術

錬金術とは、化学的手段を用いて鉛や水銀などの卑金属から金などの貴金属を精錬しようとする試みのことである。古代ギリシアからの学問を背景にニュートンの時代まで続き、西洋を中心とする近代科学発展の地盤となった。一般的に、邪な方法でお金を工面する技術という文脈で、錬金術という言葉を使うことも多い。

化学(Chemistry)の語源

錬金術は近代科学の発展の基盤となっており、Alchemy(錬金術)はChemistry(化学)の語源となっている。