転造加工

転造加工

転造加工は塑性加工に属する鍛造法であり、材料を回転させながら金型に押し付けることで形を形成するものである。加工時間が短く、材料のムダも生じないなど生産性は高いが、塑性変形に伴う加工硬化により製品は硬くなる。

目次

ねじ転造

ねじ転造は、平ダイスや丸ダイスに、ねじ山と反対の形状の工具を用い、素材が数回回転する間に成形する方法であり、工具や機械の精度、機械の剛性、素材の形状などにより精度は支配されるが、切削のように切りくずを出さず、緻密な組織と加工硬化や組織の一様化などで強度が大きくなり、精度は比較的高く、高生産向きである。


Sidebar