習性的徳 (倫理的徳)|アリストテレス

習性的徳(倫理的徳)

人間の行動や態度の善さに関わる徳。習性的徳(倫理的徳) はさまざまな欲求や感情において、過度や不足の両極端をさけて中庸を選ぶ習慣を身につけることによって形成される。それは欲求や感情を適切に統制し、そのよう な行動を繰り返して習慣(エートス)にすることで身についた性格(エートス)の善なので、習性的徳や性格的徳と呼ばれる。倫理的徳には、勇気・節制・友愛・務持 (誇り)、寬大、穏和、機知、廉恥心、気前のよさ、正義などがある。