管用ねじ|基本と概要

管用ねじ parallelthread

管用ねじは、管(くだ)・パイプ・弁や油圧・空気圧ユニット、機械部品・電気部品などと管(パイプ)をつなぐときに用いられるねじである。管自身にねじを加工する構成のため、シール剤以外の部品を必要としないシンプルな構造となっている。大きくテーパねじと平行ねじの二種類があり、ねじ部で管の締結(抜け止め)と流体のシール(漏れ防止)が可能なテーパねじが多く使用されている。通常、管側におねじが、継手側にめねじが切られている。

管用ねじ

管用平行ねじ

管用ねじには、平行ねじとテーパねじの2種類に分けられるが、平行ねじは管の機械的結合を目的とするときに使用される。テーパねじと比べて密着性は劣る。

テーパねじ

管用テーパねじは、先端にいくほど細くなる形状であり、密着性を目的とするときに使われるねじである。密封性を高めるために、おねじ・めねじともにテーパがかかっている。普通、シールテープやシール剤、Oリング、ガスケットなどが密着性を高めるために使われる。

ねじ山

管用テーパねじと管用平行ねじ

管用ねじのねじ山は、ねじ山の角度が55°の三角ねじで、ピッチは25.4mm(1インチ)あたりの山数で表される。一般用メートルねじ(並目)に比べてピッチが細かいため、肉厚が薄い管に使用することができる。

管用ねじの呼び

管用ねじは、アルファベット(テーパおねじ:R、テーパめねじ:Rc、平行めねじ:Rpなど)とねじサイズ(1/8、1/2、3/4などのインチ表記)で表される。

ねじの種類 ISO規格 旧JIS規格 表記例 規格番号
テーパおねじ R PT R 1/2 JIS B 0203
テーパめねじ Rc PT Rc 1/2 JIS B 0203
平行めねじ Rp PS Rp 1/2 JIS B 0203
管用平行おねじ G(AまたはB) PF G 1/2 JIS B 0202
管用平行めねじ G PF G 1/2 JIS B 0202
タイトルとURLをコピーしました