理想国家|プラトン

理想国家

プラトンは『国家』の中で、善のイデアを認識する哲学者が統治することが、理想的な国家であるとした。国家は、三つの部分からなる魂の構成に対応して、国家は“知恵”ある者が統治者階級(支配者、哲学者)、“勇気”ある者が防衛者階級(軍人)“節制”に優れたものが生産者階級 (農民や職人)の三つの階級に分かれて構成される。そして、それぞれの階級、知恵、勇気、節制の徳が備わりバランスを取れば、国家全体が秩序のとれた正しい状態になって、“正義”の徳を実現することができる。