現実主義|アリストテレス

現実主義

物事を考察するときに、理想よりも現実を重んじる立場。対義語は理想主義や主知主義

アリストテレスの現実主義

アリストテレスは、理想主義をかかげるプラトンに対し、現実主義の哲学を説いた。イデア界(理想)と現象界(現実)を区別するプラトンの二元論を否定した。現実に存在するものは「このもの」と示される個物だけであり、個々の事物の考察に基づいた 現実主義の哲学を説いた。事物の本質について、現実から離れたところに事物の本質を求めるプラトンのイデア論を批判し、個々の事物にその本質であるエイドスが内在し、そこから物が発展・生成してくると説く。