熱伝導率|熱の伝わりやすさ

熱伝導率

熱伝導率は、物体の中の熱の伝わりやすさを示す数値である。単位は[W/m²]熱伝導率が小さい材料は断熱保温性能がよくなり、熱伝導率が大きい材料は放熱性能がよくなる。 一般に、金属>非金属>液体>気体となる。特に真空状態では、熱伝導率が0となり、断熱効果が日常品(魔法瓶など)に利用されている。

代表的な材質の熱伝導率

熱伝導率は物質により固有の物性であるが、一般に金属>非金属>液体>気体となる。

熱伝導率(金属)

物質名    熱伝導率[W/m²]   
427
398
315
アルミニウム 237
鉄(純) 80.3
炭素鋼(S35C) 43
ステンレス鋼(304) 16

熱伝導率(非金属)

物質名    熱伝導率[W/m²]   
氷 (273K) 2.2
石英ガラス 1.38
ソーダガラス 1.03
アクリル樹脂 0.21
水銀 8.52

熱伝導率(液体)

物質名    熱伝導率[W/m²]   
0.61
アンモニア 0.479
メタノール 0.208
潤滑油 0.086

熱伝導率(気体)

物質名    熱伝導率[W/m²]   
水素 0.181
ヘリウム 0.153
メタン 0.034
空気 0.026
二酸化炭素 0.017