水車

水車

水車とは、位置エネルギーを運動エネルギーに変換する装置で、大量の水が高いところから低いところに移動するエネルギーを利用して機械的なエネルギーを得ることを目的としている。昔から農業などに利用されていたが、現代では電気を作るための機械装置として利用されている。クリーンエネルギーのひとつであるが、メンテナンス性や発電公効率などの問題がある。

第一次産業における水車

古くから人類は水車を利用して農業や織物などの動力として利用してきた。水のあるところであれば作ることができるため、重要な産業機械として利用されている。

水車の種類

水車の種類としてペルトン水車、フランシス水車、プロペラ水車などがある。

ペルトン水車

ペルトン水車とは噴流による衝動力を利用して回る水車である。

フランシス水車

フランシス水車とは水のもつ反動力を利用して回る反動水車である。

ペルトン水車

ペルトン水車とは噴流による衝動力を利用して回る水車で高落差、低流量のときに採用される。

動力

水車動力は下記で表されるが、理論の動力とは異なりロスがあるため、有効動力を見なければならない。また、計算された有効動力と実際に発電する動力とは異なるため、結果的には理論動力と大きくことなるところが大きい。

比速度

タイトルとURLをコピーしました