歯車の製図|機械設計

歯車の製図

歯車を製図するとき、複雑な形状のため、特に理由がない場合は簡略化して描く。簡略化した図に歯形やモジュール、歯数などの要目表を追加する。

目次

歯車

歯車の製図

歯車の製図

1.歯車を製図するとき、歯形を簡略して描く。
2.歯車の部品図には要目表を併記する。
3.図面には、必要な寸法許容差を記入する。
4.ピッチ円は細い一点鎖線を用いる。
5.歯先円は太い実線を用いる
6.歯底円は細い実線を用いる。
7.軸に直角な方向から見た図を断面図示するときの歯底の線は太い実線で描く、なお、歯底円は描かなくてもよく、かさ歯車やウォームホイールの軸方向から見た図では、原則として省略す
る。
8.歯すじ方向を図示するときは、通常3本の細い実線で描く。
9.主投影図を断面で図示するときは、外はすば歯車の歯すじ方向は紙面から手前の歯の歯すじ方向を3本の細い二点鎖線で描き、内はすば歯車の歯すじ方向は、3本の細い実線で描く。

やまば歯車

やまば歯車

平歯車

平歯車

部品図の要目表

1.要目表には、原則として歯切り、組立、検査などに必要な事項を記入する。
2.図には、主として歯車素材を製作するのに必要な寸法を記入する。
3.材料・熱処理・硬さなどに関する事項は、必要に応じて表の備考欄、または図中に記入する。

かみあう歯車

1.かみ合う歯車の表し方かみ合う一対の歯車では、かみ合い部の歯先円は共に太い実線で描く。
2.主投影図を断面で描く場合は、かみ合い部の一方の歯先円を示す線は、細い破線または太い破線で描く。
3.かみ合う歯車の簡略図示では、歯底の線を省略し、側面図はピッチ円だけで表す。