機械要素

機械要素

機械要素とは、結合要素(ねじ・溶接)、動力伝達要素(軸・歯車・カム)、動力制御要素(ばね)、流体伝導要素(管・バルブ)、潤滑要素(軸受・ベアリング)などに代表される機械に使われる機能の総称である。現代では、メカトロニクスの発展により、電気・電子・情報技術の分野が事実上の機械要素として機械を成立させている。

結合要素

結合要素とは、締結要素ともいい、ねじ、ピン、リベットで知られる。機械を構成するそれぞれの部品をつなぎ止める要素である。その機械の機能・用途に適した結合要素を選択することが、結果、その機械の信頼性・生産性を高めます。

動力伝達要素

動力伝達要素とは、物の回転や直進運動に関する機械要素で軸、カム、歯車で知られている。モータやエンジンに取り付けられ、部品から部品へその回転を伝えることができる。自動機、装置、時計、自動車などの乗り物があげられる。歯車やカムは種類や組み合わせにより回転の角度や向きなどを変えることができる。

動力制御要素

動力制御要素は、動力・運動エネルギーを蓄え・制御することで知られている機械要素である。一般的に知られるばねをはじめ、スキー板やばね座金(スプリングワッシャー)など、その用途は多岐にわたる。

流体伝導要素

流体伝達要素とは流体を伝える機械要素で、管、管継手、バルブで知られる。気体や流体の中には危険なものも多く、腐食、圧力、密封性など厳重に管理されなければならない。

潤滑要素

潤滑要素とは、軸受(ベアリング)や給油装置、ガスケット類・パッキン類などの密封装置として知られる。

国際規格

機械要素は、JISやISOで規格化・標準化されている。