木下順庵|江戸前期の儒学者。新井白石,室鳩巣,雨森芳洲を輩出

木下順庵

木下順庵は、江戸前期の儒者。藤原惺窩の門人である松永尺五に学び、家塾雉塾を開く。加賀藩に出仕した後、1682年に将軍徳川綱吉の侍講となった。新井白石、室鳩巣、雨森芳洲など多くの逸材を輩出した。