摩擦力|物体の運動を妨げるように働く力

摩擦力

摩擦力は、物体の運動を妨げるように働く力であり、静止摩擦力、動摩擦力、転がり摩擦力がある。

目次

静止摩擦力

物体に外力が作用しても動かない状態にあるとき、物体はつり合いの状態にある。このときに働いている摩擦力を静止摩擦力という。

最大静止摩擦力

物体に働く外力を大きくしていくと物体は運動し始める.このときの動き出す直前の静止摩擦力を最大静止摩擦力という。最大静止摩擦力Fは、物体と接触面の種類と受ける垂直抗力(反力)によって決まり、最大静止摩擦力の大きさは垂直抗力(反力)に比例する。

摩擦力
摩擦力

F=μN
F:最大静止摩擦力(N)
μ:静止摩擦係数
N:接触面の垂直抗力(N)

摩擦力

物体に外力が作用しても動かない状態にあるとき、物体はつり合いの状態にある。このときに働いている摩擦力を静止摩擦力という。


Sidebar