平面度|平面の具合を示す幾何公差

平面度

平面度(Flatness)とは、平面の具合を指す幾何公差である。JISでは、「平面形体の幾何学的に正しい平面からの狂いの大きさ」(JIS B 0621)と規定されている。データムを必要としない、形状公差の一つである。

真直度及び平面度の普通公差

真直度及び平面度の普通公差 (JIS B 0419 1991 より抜すい)

公差等級 呼び長さの区分
10以下 10を超え
30以下
30を超え
100以下
100を超え
300以下
300を超え
1000以下
1000を超え
3000以下
H 0.02 0.05 0.1 0.2 0.3 0.4
K 0.05 0.1 0.2 0.4 0.6 0.8
L 0.1 0.2 0.4 0.8 1.2 1.6

ブロックの平面度

平板上面に平面度を指示した図が下記にあたる。この場合の公差域は、公差値の間隔をもつ二つの平行円形平面の間となる。実際に測定された表面は、この0.08の間隔をもつ平行2平面の内になければならない。

軸部品の平面

段付き軸部品の平面に平面度を指示した図が下記にあたる。この場合の公差域は、公差値の間隔をもつ二つの平行円形平面の間となる。公差域からは、中心部の平面度の対象にならない軸部分が外される。測定した表面がこの0.08の間隔をもつ平行円形二平面になければならない。

CZ

CZとは、Common Zoneの頭文字である。CZがついてない場合は、それぞれが平面である、ということを意味しているのみであるが、CZをついている場合、二平面がともに平行かつ共通の間になければらない。

NC

NCとは、Not Convexの頭文字である。Convexは中高あるいは凸面の意味であり、それをNotで否定しているため、中が高くなることを許さないという意味となる。外側の四つの島より、中心の円のほうが必ず低くなければならない。

Not Concave

Convexとは、中低、あるいは凹面の意味である。それをNotで否定しているため、中が低くなることは許さないことを意味し得ているため、外側の4つの島より、中心の円のほうが必ず低くなければならない。

平面度の測定

平面度を測定するためには、ダイヤルゲージを固定してそれぞれの面の高さを測定する。また近年では3次元測定器や非接触のレーザー干渉計など優れた測定器も存在している。