善く生きること|ソクラテス

善く生きること

ソクラテスの思索のめざす目的で、『クリトン』の中で語られる言葉。死刑の評決を受け、不当な裁語きに従って刑死するか、国法を破って逃亡するかという選択を迫られる状況の中で、ソクラテスは大切にするべきことは、「ただ生きるということではなく。善く生きるということ」であると語る。