合理的世界観

合理的世界観

世界をロゴス(言葉や理性)によって合理的に説明しようとする試み、世界の見方であり、それが哲学の誕生という。古代ギリシアで生まれ世界を貫く法則(ロゴス)によって理解しようとする。これはヨーロッパ思想、近代に受け継がれ、やがて17世紀に自然を支配する法則を数学的な言語によって記述しようとする試みになる。これが自然科学の誕生の思想的な流れである。