動力伝達要素|軸、カム、歯車などの機械要素

動力伝達要素

動力伝達要素とは、軸やカム、歯車に代表される、モーターやエンジンなどの動力や運動を、より強く、より速く、より効率的に部品から部品へ伝える機械要素である。歯車やカムは、回転軸に取付けることで、回転の向き、回転方向、回転速度を変えることができる。

軸の機能

  • 動力を伝える
  • 荷重を支える
  • 回転運動と直線往復運動に切り替える

軸はモーターなどの回転運動を伝達する機械要素で知られる。大きな駆動物では、荷重を支える役割や回転運動と直線往復運動を切り替える役割を持つ。主に伝導軸、車軸、クランク軸などがある。

歯車

歯車は、機械の回転運動を伝える動力伝達要素である。時計や車など日常のものなどあらゆるものに使われる。回転軸に取付ける、溝を切った円板状の平歯車を基本溝・円板の形状を工夫することではすば歯車、かさ歯車、ウォームなどの種類に分かれる。

カム

カムは回転する運動を直線する運動に変更することができる。モータなどの回転軸に取付けられて使われる。回転運動から直線運動へ、または、その逆に運動の種類を変えることができるため、いろいろなところで使用される。

ベルト・チェーン

ベルトやチェーンとは、複数の歯車が密接した状態で使わないといけないことに対して、軸が離れている場合に用いられる機械要素である。自転車やベルトコンベアーなどで使用される。より強く、より速く力を伝えることが求められるとともに、正確さ(安全性)も求められる。