剣闘士競技|ローマ帝国の剣奴,パンとサーカス

剣闘士競技

剣闘士競技は、元来神に捧げる儀式であったこの競技は、ローマ人が好んで観戦する娯楽となった。時の皇帝は市民の人気を得るため、度々、巨額を投じて剣闘士競技を開催した。

共和政ローマ

共和政ローマ

目次

剣奴

剣奴とは、円形闘技場などで、見世物として真剣勝負を強制された奴隷である。捕虜出身が多く、有力政治家が人気取りのために養成した。

パンとサーカス

ローマ帝国の支配者の多くは市民からの人気をとるため、市民に見世物として剣闘士競技を提供した。ローマ帝国の支配への一環といえる。

皇帝カエサル

皇帝カエサルは自費で何百人という剣闘士を提供して剣闘士競技を催し、市民を喜ばせた。

スパルタクス

スパルタクスは、トラキア出身の剣奴で、過酷な状況に耐えきれず奴隷を率いて反乱を企てた。多くの奴隷が合流して10万人に達する大勢力となり、各地でローマ軍を破ったが、ポンペイウス・クラッススに鎮圧された。(スパルタクスの反乱