再生サイクル

再生サイクル

再生サイクルとは、ランキンサイクルを応用したサイクルである。ランキンサイクルでは、効率を高めるため、入口の温度を上げる必要があるが、負荷が大きい。そのためタービンで膨張している途中の蒸気を取り出してからボイラへの給水を加熱する方法をとる。蒸気を抽気することでタービンの仕事量は減る代わりにボイラでの加熱量の減少を行い、熱効率が向上する。