再熱サイクル

再熱サイクル

再熱サイクルとは、ランキンサイクルの応用したサイクルである。ランキンサイクルでは、タービン入口の温度を上げるほど熱効率が高くなるが、上げるのも限度がある。そのため、再熱サイクルでは、タービンでの膨張を途中で止めて蒸気を取り出し、ボイラで再加熱して過熱度を上げてから2回に分けて膨張させる仕組みである。普通、高圧タービンと低圧タービンの二段階にわけ、高圧タービンから出た蒸気をボイラの再熱器で再度加熱してから低圧タービンに蒸気を入れて膨張させる。