円筒度|円筒の度合いを示す幾何公差

円筒度

円筒度とは、円筒の度合いを示す幾何公差であり、JISでは、「円筒形体の幾何学的に正しい円筒からの狂いの大きさをいう」。(JIS B 0621)形状公差のひとつで基準を示すデータムは必要ない。

円筒度

円筒度とは、外径に指示することで示す。下記の場合、測定した表面について、「半径方向の距離で、0.05だけ離れた同軸のふたつの円筒の間にある」ことを意味する。

測定方法

円筒度は、外周前面にプローブを当てて測定するため、測定に高いコストがかかる。そのため狙いの箇所を限定して測定する必要がある。