人間は万物の尺度である|プロタゴラス

『人間は万物の尺度である』プロタゴラス

古代ギリシアで活躍したプロタゴラスの有名な言葉。人間尺度論と呼ばれる。価値相対主義にたつ有名なソフィストの一人。彼は、「万物の尺度は人間である。あるものについてはあるということのないものについてはないということの」と説いた。ものごとは各人の感じるようにあらわれるのだから、それぞれの人間が判断の基準であり、すべての人に共通する普遍的・絶対的な判断の基準は存在しないという考えである。これは、絶対的な真理を否定する相対主義の立場である。価値の議論に基づく、基本的な概念となっている。