中央官制|太政大臣,神祇官,弾正台,五衛府

中央官制

律令制度において、一般政務を行う最高官である太政官と並び、神祇・祭祀をつかさどる神祇官が置かれた。太政官の下に8省が置かれたので、二官八省という語で中央官制を総称する。そのほか、弾正台や五衛府がおかれた。

目次

中央官制

太政官の長官は太政大臣であるが、則闘の官といって、適任者のないときは置かなかった。太政大臣の下に左大臣・右大臣がいて政務を総轄し、さらに大納言が補佐した。太政官は左弁官・右弁官・少納言の3局に分かれ、左弁官に中務(なかつかさ)・式部(しきぶ)・治部(じぶ)・民部(みんぶ)の4省、右弁官には兵部(ひょうぶ)・刑部(ぎょうぶ)・大蔵(おおくら)・宮内(くない)の4省があって、それぞれ政務を分掌し、その下に、職(しょく)・寮(りょう)・司(つかさ)などの諸役所が所属していた。

  • 中務:詔書の作成など
  • 式部:文官の人事など
  • 治部:仏事、外交事務など
  • 民部:民政、租税など
  • 兵部:軍事、武官の人事など
  • 刑部:裁判、刑罰など
  • 大蔵:財政、貨幣など
  • 宮内:宮中の事務など

弾正台

弾正台(だんじょうだい)は官吏の監察にあたる。

五衛府

五衛府は、衛門府、左右衛門府、左右兵衛府で組織され、宮城の警衛にあたる。