ヴェルギリウス|ローマ帝国最大の詩人

ヴェルギリウス Vergilius

ヴェルギリウス(前70~前19)は、北イタリアで生まれた古代ローマの叙事詩の詩人である。アウグストゥスの時代に活躍した。ローマ帝国の叙事詩『アエネイス』や『農耕詩』、『牧歌』を著した。内気な性格で少年愛者であったと伝えられている。

『アエスイス』

『アエスイス』は、英雄アエネアスのトロイア脱出からローマ建国までの伝説をうたった叙事詩である。ホメロスの『イリアス』『オデュッセイア』から多大な影響を受け作られたが、未完のままであった。ヴェルギリウスは死の間際で焼却を願ったが、アウグストゥスによって公開された。

中世ヨーロッパ

ヴェルギリウスは中世ヨーロッパでは、キリスト教の聖人とされ、ダンテ『神曲』にも導師として登場している。