メンタルヘルス|心の健康とそのケア,ストレス

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは「心の健康」であり、精神衛生の健康状態のことである。職場や学校、家庭環境で、強い不安、悩み、ストレスのため、精神を害し、健康状態がおろそかになる。社会的な関心は強く、従来の「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」「糖尿病」に加えて「精神疾患」が五大疾病して現代病となっている。

目次

ストレス

ストレスとは、心配、不安、気になることなど、心への負荷がかかった状態を意味する。ストレスを感じると、大脳皮質から緊急信号が送られ、身体は緊張状態になる。誰しも経験がある、心臓がドキドキしたり、手に汗をかくなどの症状です。この時、体内は緊急事態となっており、消化・成長・免疫システムの働きが低下する。この状態が続くと、食欲喪失や免疫力の低下が引き起こされる。ストレス耐性には個人格差があり、安易な判断は避けるべきである。

職場でのメンタルヘルス

メンタルヘルスは労働災害のひとつとされ、業務上の疾と認定される。事業者は労働契約法に基づく安全配慮義務により、メンタルヘルス対策を実施しなければならない。企業側のメンタルヘルス対策への取り組みが不十分で、過労死や過労自殺につながると、非常に重い賠償責任を負うこととなる。

メンタルヘルスを阻害する要因

  • いじめ、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント
  • 身体的・精神的虐待
  • ブラック企業・過剰労働
  • 病気
  • 家族間問題

Sidebar