メガラ学派|小ソクラテス学派

メガラ学派 (Megara)

メガラ学派は、メガラ出身のエウクレイデスの創始した学派。キュレネ学派キュニコス学派エリス学派にならぶ小ソクラテス学派のひとつ。キュレネ学派キュニコス学派が実施的側面を重要視したのに対し、知識的側面を重要視した。ソクラテスの求めた徳とはなにか、という問題を取り上げ、エレア学派の「有るもの」の思想と結びつけて善こそ唯一の「有るもの」と説いたと言われる。