マチュピチュ Machu Picchu|15世紀のインカの城塞

マチュピチュ(Machu Picchu)

マチュピチュ(Machu Picchu)は、ペルー南部の東コルディリェラにある2,430メートル(7,970フィート)の山の尾根にある15世紀のインカの城塞である。 クスコの北西80キロ(50マイル)の聖なる谷の上にあるクスコ地方ウルバンバ県マチュピチュ郡に位置する。ウルバンバ川が流れ、コルディリェラ山脈を切り開き、熱帯山岳気候の渓谷を形成している。しばしば「インカの失われた都市」と呼ばれ、インカ文明を象徴すると考えられているが、マチュピチュはインカの皇帝パチャクティ(1438年~1472年)の領地として建設されたと考えるのが通説である。インカは1450年頃にマチュピチュを建設したが、1世紀後のスペイン征服の際に放棄、地元民には知られていましたが、植民地時代にはスペインには知られておらず、1911年にアメリカの歴史家ハイラム・ビンガムが取り上げるまで、世界には知られていなかった。マチュピチュは、磨かれた乾いた石の壁で、古典的なインカ様式で建てられている。その3つの主要な構造は、インティワタナ、太陽の神殿、および3つの窓の部屋である。1976年までに、マチュピチュの30%が修復されており、修復は現在も続いている。1981年、ペルーの歴史的聖域に指定され、1983年にはユネスコの世界遺産に登録された。

語源

ケチュア語では、machuは「古い」または「古い人」を意味し、pikchuは「噛まれているコカの部分」または「ピラミッド、尖った多面体、円錐体」を意味する。

歴史

マチュピチュは1450年から1460年、パチャウテック・インカ・ユパンキ(1438年~1471年)とトゥパック・インカ・ユパンキ(1472年~1493年)の2人のインカの偉大な支配者によって建設されたと考えられている。通説では、パチャウテックが自分自身のために王宮の建設を命じたとされる。マチュピチュは「王家の財産」と考えられているが、王家の財産は継承されず、むしろ、インカ帝国の他の地域でのスペインの征服のために、放棄される前に80年間使用されていた。スペインの征服者がこの地域に到着する前に、スペインに持ち込まれた天然痘によって死亡した可能性がある。

マチュピチュの日常

王家の領地として使用されていた時代には、約750人が住んでいたと推定されているが、その多くがサポートの役割(yanaconasやyanaと呼ばれる。)を担っていたた。パチャクテク(Pachacutec クスコ王国の9代サパ・インカ)の領地であったが、宗教的な専門家や一時的な専門家であるマヨック(mayocs)も住んでいた。厳しい季節になると、スタッフは100人ほどの使用人に減り、数人の宗教家が環境の維持を行っていた。
マチュピチュに住んでいた多くの人たちは、多様な背景を持つ移民だったと考えられている。彼らには、化学的・骨学的な痕跡が欠けており、その一方で、ペルーのさまざまな地域に固有のさまざまな種類の水性寄生虫による骨の損傷などがあった。また、骨学的なストレス要因や化学物質の濃度にもばらつきがあり、特定の地域に特有の長期的な食生活のばらつきを示唆していた。

食生活

マチュピチュでの食生活は、トウモロコシ、ジャガイモ、穀物、豆類、魚類などであったが、多くの場合には魚が少なく、トウモロコシが多かった。このことは、移民がより沿岸地域から来て、トウモロコシの摂取量が多いマチュピチュに移ってきたことを示唆している。関節炎と骨折が見られるインカの住民は、重労働に携わっており、さらにインカ軍に仕えていた人々と考えられている。

動物

本来、この地域に自生していない動物の骨(ラマ、アルパカ)がいくつか発見されたことから、おそらく肉の消費とその毛皮のために、動物がマチュピチュに移住してきたのではないかと考えられている。(これらの動物は、マチュピチュの標高2400メートルではなく、4000メートルの高地に生息しています。)また、モルモットもこの遺跡で特別な埋葬用の洞窟で発見されており、少なくとも葬儀の儀式に使用されていたことを示唆している。また、6匹の犬も遺跡から発見された。人間の遺体の中に犬が配置されていたことから、彼らは死者の伴侶としての役割を果たしていたと考えられている。

農業

マチュピチュで行われている農業の多くは、何百もの人工の断丘で行われていた。これらの段丘は、水はけと土壌の肥沃さを確保しながら、山自体を浸食や地滑りから守るために建設されたもので、高度な技術力があったと考えられる。しかし、マチュピチュの建設中に土砂崩れが発生したことが土地の研究で明らかになっているように、多くの困難があった。

雨量

AD1450年以降、年間1,800mm以上の雨が降ったと推定されており、マュピチュの降雨量が多いため、段丘には灌漑が必要なく、むしろ、余分な水を十分に排水できる施設がもうけられた。90年代にケネス・ライトによって行われた発掘調査と土壌分析では、段丘は何層にもわたって建設されていたことがわかりました。砂利の上には砂と砂利が混ざった層があり、その上には豊かな表土が敷き詰められていた。また、表土は、おそらく谷底から段丘に移されたと考えられている。

トウモロコシとジャガイモ

雨量は確保できていたものの、テラス農地の面積は約4.9haしかなく、ほとんどがトウモロコシとジャガイモだと考えられている。マチュピチュに住む750人以上の人々には十分ではなく、周辺の渓谷や遠方からその他の食べ物が輸入された。

スペイン侵略

マチュピチュはインカの首都クスコから約80kmに位置する。スペインはマチュピチュを発見しなかったため、他の多くの遺跡のように略奪や破壊されずにしのまま残っている。(スペインはピチョと呼ばれる地図には、スペイン人が訪れたという記録は残っていない。)しばしば汚された神聖な岩などの遺跡がそのまま残っているため貴重な資料となっている。以降、何世紀にもわたって、周囲のジャングルがこの地を覆い尽くし、その存在を知っていたのは周辺地域以外にはほとんどいなかった。

国際社会への紹介

1867年、ドイツの実業家アウグスト・ベルンスによって発見された。このとき、多くの遺跡・遺物が略奪された可能性がある。

ハイラム-ビンガム

1911年、アメリカの歴史家で探検家のハイラム-ビンガムは、古いインカの首都を探して地域を旅し、村人Melchor Arteagaによってマチュピチュまで案内された。(このとき、Agustín Lizárraga 1902と壁に書かれたも木炭の落書きを発見している。)その後、ビンガムは、マチュピチュの存在を紹介し、国際的に広く周知されることとなった。1912年、ビンガムは、別の遠征隊を組織し、主要な発掘調査を行った。

ハイラム-ビンガム

アメリカの歴史家で探検家のハイラム-ビンガムはイェール大学の講師として活躍していたが、決して考古学を専門としていなかった。
1909年、アメリカの歴史家・探検家のハイラム-ビンガムは、サンティアゴで開催された全米科学会議から帰国した彼はペルーを旅し、アプリアマック渓谷のチョッケキアラウでインカの遺跡を探索するように招かれた。
1911年、エール・ペルー探検隊を組織し、ヴィトコスの都市と考えられていたインカの首都を探すために、その一環としてペルー探検隊を結成した。リマの歴史家ルロス・ロメロからアドバイスをもらい、参考文献やアントニオ・デ・ラ・カランチャ(Antonio de la Calancha)神父の『アウグスティニア人の年代記』に触れる。再びクスコに戻ったビンガムは、カランチャが言及した場所(特にウルバンバ川沿い)について植木屋に尋ねた。ビンガムによると、「年老いた探鉱者はマチュピチュに興味深い遺跡があると言った」と書いている。のちに、ビンガムはチャールズ・ウィーナーがまたフアイナピチュとマチュピチュの遺跡のことを聞いたが、それらに到達することができなかったことを学んだ。
1912年、マチュピチュ近くのテントの扉に立ったハイラム・ビンガムとその探検隊は、この情報をもとに、武装した探検隊を組織し、ウルバンバ川を下っていく。その途中で、地元の人々にインカの遺跡、特に泉の上に白い岩があるか、とその内容を聞きまわっていく。
マンドール・パンパで農夫で宿屋をやっているメルホル・アルテガと出会う。アルテガは、フアイナピチュの頂上に素晴らしい遺跡を教え、翌日の7月24日、アルテガはビンガムとカラスコ軍曹を率いて丸太の橋で川を渡り、フアイナピチュの山を登った。山の頂上で、彼らはリチャードとアルバレスというケチュア人の夫婦が住んでいる小さな小屋に出くわし、彼らは4年前に整地したマチュピチュの農地の段々畑の一部を耕していた。アルバレスの11歳の息子パブリートはビンガムを尾根に沿って主要な遺跡へと案内する。
遺跡のほとんどが植生で覆われていたが、農家が菜園として使用していた耕作放棄地と更地を除いては、そのほとんどが植生で覆われていた。植生のため、ビンガム氏は遺跡の全容を観察することができなかったが、メモ、測定、写真を撮り、いくつかの主要な建物のインカの石工の素晴らしさに感動した。ビンガムは遺跡の元々の目的が不明瞭だったが、少なくともVitcosの記述と一致していることを示すものがないだろうとしている。
探検隊はウルバンバ川を下ってヴィルカバンバ川を遡り、見つけることができたすべての遺跡を調査した。地元の人々に導かれて、ビンガムはインカの旧首都ヴィトコス(当時、ロザスパタで知られる)とその近くにあるチュキパルタ神殿の遺跡を再発見し、正確に特定しました。その後、彼は峠を越えてパンパコナス渓谷に入り、エスピリトゥ・パンパ(Espíritu Pampa)でジャングルの下草にひどく埋もれた遺跡を発見し、彼は「トロンボーン・パンパ(Trombone Pampa)」と名付けた。マチュピチュの時と同じように、遺跡はあまりにもひどく生い茂っていたので、ビンガムは建物のいくつかしか確認できなかっった。1964年、ジーン・サヴォイはエスピリトゥ・パンパの遺跡をさらに調査し、遺跡の全容を明らかにし、そこをヴィルカバンバ・ビエホ(Vilcabamba Viejo)と特定した。
ビンガムはエール大学とナショナルジオグラフィックのスポンサーの下、再びペルー大統領レグイアの完全な支援を受けて1912年にマチュピチュに戻る。遠征は、クスコの県知事の支援を受けて迅速化された地元の労働力とサイトの4ヶ月のクリアを実施しました。発掘は1912年に開始され、1914年と1915年にはさらに発掘が行われた。ビンガムがマチュピチュに焦点を当てたのは、その素晴らしいインカの石細工と、遺跡が放棄されてから手を加えられずに残っていた保存状態の良い自然のためと述べた。彼の研究の間、様々な人工物をイェール大学に持ち帰るが、ビスマス青銅で作られた15世紀の儀式用インカのナイフはその代表である。
地元の機関は当初この探査を歓迎していましたが、すぐにビンガムの法的・文化的な不正行為を非難した。チームは人工物を盗み、ボリビアを経由してペルーから密輸していたという噂があった。(実際、ビンガムは多くの遺物を公然と合法的に持ち出しましたが、それらはイェール大学博物館に寄託されました。ビンガムは1852年に制定されたペルーの民法を遵守していました。この民法には「考古学的発見物は私有地で発見された場合を除き、一般的に発見者に帰属する」と規定されていました。地元のマスコミは告発を永続させ、発掘は遺跡に害を与え、地元の考古学者から自分たちの歴史についての知識を奪ったと主張した。

歴史的聖域

1981年、ペルーはマチュピチュを囲む325.92平方キロメートル(125.84平方マイル)のエリアを「歴史的聖域」と宣言しました。遺跡に加えて、聖域には隣接する地域の大部分が含まれており、ペルーのユンガスと中央アンデスの湿ったプナの生態系の動植物が豊富に生息している。

世界遺産

1983年、ユネスコはマチュピチュを「建築の絶対的な傑作であり、インカ文明のユニークな証言」として世界遺産に指定した。

人間の犠牲と神秘主義

マチュピチュでの人間の犠牲についての情報はほとんどないが、多くの犠牲者は適切な埋葬が行われることはなく、その骸骨は要素に屈した。しかし、家来が死後の世界で亡くなった貴族に同行するために犠牲にされたという証拠がある。神々への動物、液体、土の犠牲は、コンドルの祭壇で行われた、より一般的なものであった。この伝統は新時代のアンデスの宗教のメンバーによって支持されている。

地理

マチュピチュ(Machu Picchu)は、赤道から南に13.164度の南半球に位置す。クスコの北西80km(50マイル)、マチュピチュ山の頂上にあり、平均海抜約2,430m(7,970フィート)に位置し、標高3,400m(11,200フィート)のクスコよりも1,000m以上低い。そのため、インカの首都よりも温暖な気候であった。南米で最も重要な遺跡の一つであり、中南米で最も訪問者数の多い観光地の一つであるとペルーで最も訪問者数の多い観光地である。
マチュピチュの特徴は、湿った湿度の高い夏と乾燥した霜の多い冬であり、年間降雨量の大部分は10月から3月にかけて降る。
マチュピチュは、遺跡を三方で取り囲むウルバンバ川の弓なりの上に位置しており、その底辺では崖が450メートル(1,480フィート)も垂直に川に向かって落ちている。この地域は川から立ち上る朝霧の影響を受ける。この都市の位置は軍事的な秘密であり、その深い断崖絶壁と険しい山が自然の防御を提供していた。ポンゴ・デ・マイニークのウルバンバ川に架かるインカの草縄橋は、インカ軍の秘密の入り口を提供した。もう一つのインカの橋は、マチュピチュの西に、6メートル(20フィート)を測定する崖の中に隙間が発生する場所に、木の幹の橋が建設された。
街はマチュピチュとフアイナピチュの間の鞍部に位置しており、2つの谷を見下ろすことができ、背後にはほぼ通行不可能な山がある。ここには、簡単には閉塞することができない泉からの水が供給されている。そこに続く丘の斜面は段々畑になっており、作物を栽培するための農地を増やし、侵略者が登らなければならない斜面を急峻にしていました。マチュピチュからクスコに戻る2つの高地ルートは、太陽の門を通ってクスコに戻るルートと、インカ橋を渡ってクスコに戻るルートである。どちらも侵略者が近づくと、簡単に塞がれてしまう可能性がある。

場所

敷地は大きく分けて都市部と農業部、上町と下町に分かれている。寺院は上町に、倉庫は下町にある。建築は山に適応しています。約200の建物は、東西の中央広場の周りに広い平行テラスに配置されています。カンチャ(Kanchas)と呼ばれる様々な建物は、地形を利用するために細長くなっています。洗練された水路システムが畑に灌漑を提供していました。壁に設置された石の階段は、敷地内のさまざまなレベルへのアクセスを可能にしました。都市の東側はおそらく住宅地でした。広場で区切られた西部は、宗教的、儀式的な目的で使われていました。この部分には展望台として使用されていた可能性のある巨大な塔、トレオンがある。
最初のゾーンに位置しているのは、主要な考古学的な宝物であるインティワタナ(Intihuatana)、太陽の神殿、3つの窓の部屋です。これらは、太陽神であり最大の神であるインティに捧げられたものです。
民衆地区、または住宅地区は、下層階級の人々が住んでいた場所です。収蔵庫や簡易住宅などが含まれています。
アマウタス(賢者)の住居は赤みを帯びた壁が特徴で、ヌスタ(王女)の住居は台形の部屋がありました。記念碑廟は、内部が吹き抜けになっていて、彫刻の施された像が描かれている。儀式や生贄に使われていた。
衛兵舎は三面式の建物で、その長い側面の一つが儀式用の岩のテラスに開口しています。インカ建築の三面式の様式は、ワローナ様式として知られている。
2005年と2009年にアーカンソー大学は、遺跡全体と隣接するフアイナピチュ山頂の遺跡の詳細なレーザースキャンを行った。スキャンデータは研究目的でオンラインで公開されている。

太陽の神殿またはトレオン

この半円形の神殿はビンガムの「王陵」と同じ岩の上に建てられており、クスコの太陽の神殿やピサックの太陽の神殿に似ていて、ビンガムが「放物線状の囲いの壁」と表現したものを持っています。石工はアシュラー質のものです。寺院の中には、1.2m×2.7mの岩の台があり、南西の四分儀にある小さな台を除いて、上は滑らかになっています。蛇の扉」は北の340度、つまり西に面していて、16のプールに面していて、フアイナピチュの景色を見ることができます。寺院にはまた、「夏至の窓」と呼ばれる65°に面した2つの台形の窓と、「クルカの窓」と呼ばれる132°に面したもう1つの窓があります。岩のプラットフォームの北西の端は、15世紀の6月至の日の出の2’以内に夏至の窓を指しています。比較のために、太陽の角の直径は32’です。15世紀の6月至の日没時には、インカの星座「クルカ」(蔵)が「クルカ窓」の外に見えるので、窓の名前が付けられました。同時に、空の反対側の端には、プリーデスがいます。

インティワタナ石

インティワタナは、インカ族が天文時計やカレンダーとして設計したと考えられています。太陽の神殿の岩底に彫られた彫刻は、「空を観察するための水鏡」と解釈されている。インティワタナの石は、南米にある多くの儀式用の石の一つです。これらの石は冬至の時期に太陽を直接指すように配置されている。接尾辞の-naは、ツールや場所の名詞を派生させます。したがって、インティワタナは文字通り「太陽を縛る」ための道具や場所であり、英語では「太陽のヒッチングポスト」と表現されることが多い。インカは、この石が太陽をその年に一度の天空の道に沿ってその場所に固定していると信じていた。6月21日には石の南側に最も長い影が、12月21日には北側に最も短い影ができます。

インティ・マッハアイと太陽の王室の饗宴

インティ・マッハアイは、太陽の王室の饗宴を観察するために使用される特別な洞窟です。このお祭りは、インカ帝国のカパック・レイミの月の間に祝われていました。それは月の初めに始まり、12月の夏至に終わりました。この日、高貴な少年たちは、洞窟の中に立って日の出を見ながら、耳に穴を開ける儀式によって男らしさを身につけた。建築的には、インティ・マッハアイはマチュピチュで最も重要な構造物です。その入り口、壁、階段、窓はインカ帝国の中でも最高の石組みです。洞窟には、インカ帝国の構造物の中でも特にユニークなトンネルのような窓があり、12月の夏至の数日間だけ洞窟内に日光が入るように作られていました。このため、洞窟は一年の大半の間アクセスできなかった。インティ・マッハアイはマチュピチュの東側、「コンドル石」のすぐ北側に位置している。この地域を取り囲む洞窟の多くは歴史的に墓として使用されていたが、マッハアイが埋葬地であったという証拠はない。

上部墓地の葬儀石

中央の建物は、磨かれた乾いた石でできた規則的な形の壁の古典的なインカの建築様式を使用しています。インカ人は、モルタルを使わずに石のブロックをしっかりと合わせてカットしたアシュラーと呼ばれる技術の達人でした。
サイト自体は、より良い排水と割れた石のすぐに供給を可能にするために、意図的に断層線の上に建てられたかもしれません。”マチュピチュは明らかにインカ文明が分断された岩石の帝国であったことを示している」。
マチュピチュが築かれた山の断面は、インカが現地の素材を使って解決した様々な課題を提供してくれました。一つの問題は、二つの断層線による地震活動でした。そのため、モルタルなどの建築方法がほとんど役に立たなくなっていました。その代わりに、インカは遺跡の採石場から石を採掘し、それらを並べて形を整えて完璧にフィットさせ、構造物を安定させた。インカの壁には多くの安定化機能がある:ドアや窓は台形で、下から上に向かって狭くなっている;角は通常丸みを帯びている;内側の角は部屋の中にわずかに傾斜していることが多く、外側の角はしばしば「L」字型のブロックで結ばれていた;壁は下から上に向かってまっすぐに上昇するのではなく、行から行へとわずかにオフセットされている。
大雨が降ると、雨水を排水し、土砂崩れ、地すべり、浸食、洪水を防ぐために、テラスや石片が必要とされました。段々畑は石の破片、砂、土、表土で層になっており、水を吸収して山を流れ落ちるのを防いでいました。同様の層を重ねることで、大都会の中心部が洪水から守られていた。
おもちゃでの使用は、彼らが原理を知っていたことを示しているが、インカは実用的な方法で車輪を使用したことはない。工学における車輪の使用は、急峻な地形や密な植生と相まって、強力なドラフト動物が不足していたために制限されていた可能性があります。巨大な石を移動させたり、配置したりする方法は不明で、おそらく何百人もの人が石を斜面に押し上げていたのではないでしょうか。いくつかの石には、石を所定の位置に固定するために使われたであろうつまみが付いています。

道路・交通機関

インカの道路システムには、マチュピチュ地方へのルートが含まれていました。マチュピチュの人々は、遺跡で発見された非局所的な人工物によって示されるように、長距離貿易に接続されていました。例えば、ビンガム氏は入り口のゲートウェイで未修正の黒曜石の結節を発見しました。1970年代には、BurgerとAsaroは、これらの黒曜石サンプルがチチカカまたはチバイの黒曜石源からのものであること、そしてマチュピチュからのサンプルは、ヒスパニック以前のペルーでこのタイプの黒曜石が長距離輸送されていたことを示していることを決定した[60][ページが必要]。
毎年何千人もの観光客がマチュピチュを訪れるためにインカトレイルを歩いています。彼らはクスコに集合してから、ウルバンバ渓谷のオランタイタンボ(Ollantaytambo)の町の近くの82キロ(または77キロまたは85キロ、4日/5日の旅)または104キロ(1日/2日の旅)から徒歩で1日、2日、4日、5日の旅を開始し、アンデス山脈を通って孤立した町に向かって歩きます。

観光案内

マチュピチュは、文化的にも自然的にもユネスコの世界遺産に登録されている。1911年に発見されて以来、毎年増加している観光客の数は2017年の1,411,279人を含めて毎年増加している。ペルーで最も多くの観光客が訪れ、主要な収益源となっているため、経済的・商業的な力に絶えずさらされている。1990年代後半、ペルー政府はケーブルカーや高級ホテルの建設を許可するための譲歩を認め、ブティックやレストランを備えた観光施設や遺跡への橋などを建設した。ペルー人や外国人科学者を含む多くの人々が、より多くの観光客が遺跡に物理的な負担をかけることになるとして、この計画に抗議した。2018年には、ペルー人のマチュピチュ訪問を促し、国内の観光を盛り上げるために、再びケーブルカーを建設する計画が再開された。エリアの上空には飛行禁止区域が存在する。ユネスコはマチュピチュを危険な状態にある世界遺産リストに加えることを検討している。
1980年代には、マチュピチュの中央広場にあった大きな岩を別の場所に移し、ヘリコプターの着陸ゾーンを作った。1990年代に入ると、政府はヘリコプターの着陸を禁止した。2006年、クスコに本拠地を置く企業「ヘリクスコ」がマチュピチュ上空での観光飛行の認可を求めた。結果としての許可はすぐに取り消された。
観光客の死者は、高山病、洪水、ハイキングの事故と関連している。ユネスコは、土砂崩れ、地震、朽ち果てた構造物による負傷の危険性が高いことを考慮して、観光客をこの場所で許可したことに批判の声を受けた。
2014年、マチュピチュではヌード観光がトレンドとなり、ペルー文化省はこの活動を糾弾した。クスコの文化の地域ディレクターは、慣行を終わらせるために監視を強化しました。

エルニーニョ-南方振動

2010年1月、大雨により洪水が発生し、マチュピチュまでの道路や鉄道が埋まったり、流されたりしたため、2,000人以上の地元の人々と2,000人以上の観光客が閉じ込められ、後に空輸で安全な場所に運ばれた。マチュピチュは一時的に閉鎖され、2010年4月1日に再開した。

入場制限

マチュピチュ博物館に展示されているビンガムの1912年の遠征で収集されたアーティファクト
2011年7月、クスコ市文化局(Dirección Regional de Cultura Cusco、以下DRC)は、マチュピチュの城塞への新しい入場規制を導入した[76]。入場は1日2,500人に制限され、フアイナ・ピチュ(城塞内)への入場はさらに1日400人に制限された。2018年には、入場制限が追加された。これまでの2段階から増やされた3段階の入場制限が実施され、交通の流れをさらに助け、観光による遺跡の劣化を抑えることができるようになる。
2012年5月、ユネスコの保全専門家チームは、ペルー当局に対し、遺跡の緩衝地帯をさらに安定させ、被害から保護するための「緊急措置」を講じるよう呼びかけ、特に急成長したアグアスカリエンテスの近くの町を中心に呼びかけた。

ペルーとエール大学との間の紛争

1912年、1914年、1915年にビンガム氏はマチュピチュから陶磁器の器、銀の彫像、宝石、人骨など何千もの人工物を取り出し、18ヶ月間の研究のためにイエール大学に持ち帰った。イェール大学は、ペルーには文化財を保管するためのインフラやシステムが不足していると主張し、2012年まで文化財を保管していました。人類学者でペルーのアレハンドロ・トレド前大統領の妻であるエリアン・カープ氏は、イェール大学がペルーの文化遺産から利益を得ていると非難した。記事の多くは、エールのピーボディ博物館に展示されていた。
2006年、イェールは一部の作品を返却したが、残りの作品は保管し、これはペルーの古物に関する連邦判例法に裏付けられていると主張した。2007年、ペルーとイェールは、共同で巡回展を開催し、イェールの助言を得てクスコに新しい博物館と研究センターを建設することで合意した。イェールはすべての遺物の所有権をペルーに認めたが、研究コレクションについてはペルーと権利を共有し、その一部は継続的な研究のためにイェールに残ることになった。2010年11月、イェールは争点となっていた遺物を返還することに合意した。遺物の第三次および最終バッチは2012年11月に引き渡された。遺物はクスコの植民地時代の中心地に近いマチュピチュ博物館(Museo Machu Picchu, La Casa Concha)(「シェルハウス」)に常設展示されている[82]。サンアントニオ・アバド・デル・クスコ国立大学が所有するラ・カサ・コンチャは、地元の学生や外国人留学生のための学習エリアとしても機能しています。