ペリパトス学派

ペリパトス学派 peripatetikoi

ペリパトス学派は、リュケイオンにて、アリストテレスの率いた学者集団である。アリストテレスは、学園(リュケイオン)の周辺の並木の散歩道(ペリパトス)を弟子たちと散歩しながら講義をしたことからこの名前が冠された。しかし、アリストテレスの声には力がなくあまり講義はうまくなかったと伝えられている。講義の内容は『アリストテレス全集』(コルプス・アリストテリクム)として中世以来伝えられてきたものの基礎となっている。

ペリパトス学派

ペリパトス学派の主要人物
テオフラストス(Theophrastos -前287年)アリストテレスの学友であり後継者
ストラトン(-前269年)アリストテレス哲学を唯物論的汎神論の方向にもっていく