プラトンの生涯

プラトンの生涯

アテナイの貴族の家庭に生まれた。隣国スパルタと戦争状態にあると同時に自国内においても重大な政治的、道徳的、社会的葛藤を経験していた。プラトンの親族が支配正当から権力の座をとると、一度圧政を引き、ソクラテスを関与させようとしたが、まさにそのことでソクラテスを死に追い込むことになる。ソクラテスの死は、プラトンが30歳の頃だと言われている。

ソクラテスの死後

ソクラテスが死んだあと、エジプトやシシリーへ船旅を行う。この旅でピタゴラス学派と議論を交わし、哲学的に大きな影響を与えたと言われている。

アカデメイアの創設

紀元前385年頃、アテナイに戻ったプラトンは研究と教育を目的にアカデメイアという学校を創設した。60歳の頃には若き支配者ディオニシオス二世を個人教授するために招かれて、シシリーのシラクサイに戻ったものの、数年間にわたる前に政治的陰謀に終わる。