ガンダーラ美術|ガンダーラ地方で、1世紀後半から発達した仏教美術

ガンダーラ美術

ガンダーラ美術は、プルシャプラを中心としたガンダーラ地方で、1世紀後半から発達した仏教美術である。インドの仏教に、バクトリア王国時代以来のヘレニズム彫刻の技法と造形思想が融合し、ギリシア的要素の濃い仏像がつくられた。その様式は西域から中国へ伝わり、日本へも及んだ。

仏像

インドの仏教徒は仏陀を像で表現することをしなかったが、神がみに人間の姿をとらせるギリシア系の人びとが、ガンダーラやマトゥラーなどで仏像を制作し始めた。