エラトステネス|ヘレニズムの地理学者,天文学者,地球は球形である

エラトステネス

エラトステネス(前275頃~前194)は、北アフリカのギリシア植民市キレネ出身の天文学者、地理学者である。アレクサンドリアで、ムセイオンの館長を務めた。地球を球形と考え、その周囲の長さを影の角度から計測して、約4万5000km(実際は4万km)とした。

目次

アレクサンドリア図書館

数学、天文学、地理学、哲学などに優れ、博学で知られたエラトステネスは、アレクサンドリアの図書館長として活躍した。


Sidebar