ジョン・ウィクリフ

ジョン・ウィクリフ John wicliff 1320頃-84

イギリスの哲学者・神学者で、宗教改革の先駆者。オックスフォード大学教授。1376年ころから、宗教改革に着手し、イギリス国教会をローマ=カトリック教会から独立させる運動をおこし、教皇の権力を批判した。また、聖書をキリスト教の真理の唯一の源泉とし、それに根拠を持たない教会の教義や権威を否定した。1414年のコンスタンツ宗教会議で異端とされ、死後、著書とともに遺骨が焚かれる。ウィクリフの思想は、ロラード派やボヘミアの宗教改革者ヨハン・フスに影響を与えた。

ウィクリフの生涯

1374年 ブリュージュへ国王使節として教皇側との交渉に派遣。
1377年 教会の財産保有の教会への批判から、教皇グレゴリウス11世に19か条の「誤謬」の指弾を受ける。
1378年 教皇からアンチ・クリストとされる。
1379年 『教会論』
1383年 『トリアログス』
1381年 『聖餐論』
1382年 ブラックフライヤーズ教会会議により異端判定を受ける。同年、1381年に起こったの農民一揆を指揮したジョン・ボールとつながりを疑われ、政府からの保護から外れる。同年ラタワースに隠居する。
1384年 12月31日ラタワースで亡くなる。
1414年 コンスタンツ宗教会議で異端とされる。

信仰義認-聖書のみ

真の主権に基づかない教会の形式的権威を否定し、聖書のみを唯一の実践の基盤とし、旧約聖書を初めて英訳した。(信仰義認説)

聖職者批判

フスは、財産保有など聖職者の堕落を非難し、聖職位階制や秘跡に関するローマ教会の見解に疑問をいだく。清貧説教団を組織し、改革思想の普及につとめた。ロラード派やヨハン・フスに大きな影響を与え、その思想の流れは、後のルターにつながり、宗教改革は大きなうねりを起こした。