ばねの製図|機械製図

ばねは圧縮ばね、角ばね、引張ばねなどがあり、その製図はJISで規格されている。ばねは複雑であり、しばしば簡略化して描かれる。

ばねの製図

ばねの製図

ばね製図

1.一般にコイルばね、竹の子ばね、うずまきばね、皿ばねは無負荷の状態で描く。
2.重ね板ばねは、ばね板を水平の状態で描き、無荷重時の状態を想像線で示す。
3.コイルばねや竹の子ばねは右巻とするが、左巻の場合には要目表に「巻方「向 左」と記入する。
4.コイルばねのすべての部分を図示する場合、コイルの部分は正面図では、らせん状になるが、これを同一傾斜の直線で表す。
5.コイルばねで、両端部分を除き同一形状部分の一部を省略することができる。その場合、省略する部分の線径の中心線を細い一点鎖線で示す。
6.ばねの形状だけを簡略に表す場合には、ばね材の中心線だけを太い実線で描く

要項目

図中に記入しにくい事項や寸法許容差または荷重を加えた状態で描くときは必要事項を一括して要目表に記入する。

要目表

要目表

角ばね

角ばね

角ばね

引張ばね

引張ばね

引張ばね

圧縮コイルばねの端部の形状

  1. クローズドエンド:端末がコイル軸方向に隣のコイルと接している形状。
  2. オープンエンド:端末がコイル軸方向に隣のコイルとすき間がある形状。
  3. タンジェントテールエンド:端末がコイル接線方向に伸ばされた形状。
  4. ピッグテールエンド:端末がコイル径方向内側に巻き込まれた形状。
  5. オープンフラットエンド:端面が平らで、端末がコイル軸方向に隣接するコイルとすき間がある形状。
クローズドエンド

クローズドエンド

オープンエンド

オープンエンド

タンジェントテールエンド・オープンフラットエンド

タンジェントテールエンド・オープンフラットエンド

弾性と塑性

ばねは素材のもつ弾性の性質を利用している。