せん断応力|工学,物理

せん断応力

せん断応力とは、重ね合わされて固定されている2枚の板に引張荷重を作用させたときの、ずれようとする応力で、同じ大きさで2枚の面にそれぞれ反対方向に作用する。

目次

せん断応力の求め方

結合された2枚の板に引張荷重Pを作用する場合、板の断面積をA(mm)とすると、この断面内に生じるせん断応力τは下記のように求めることができる。
τ:応力(N/mm)(MPa)
P:引張荷重(N)
A:板の断面積(mm)

せん断応力
せん断応力

せん断ひずみの求め方

せん断ひずみ
せん断ひずみ

Sidebar