せん断応力|ずれようとする応力

せん断応力

せん断応力とは、重ね合わされて固定されている2枚の板に引張荷重を作用させたときの、ずれようとする応力で、同じ大きさで2枚の面にそれぞれ反対方向に作用する。

せん断応力の求め方

結合された2枚の板に引張荷重Pを作用する場合、板の断面積をA(mm)とすると、この断面内に生じるせん断応力τは下記のように求めることができる。

ボルトのせん断応力の求め方

ボルトのせん断応力は下記の通りに計算できる。M20のボルトで鋼板を締めたとき、力Fで両方から引っ張るとせんだん力が生じる。

せん断ひずみの求め方

共役せん断応力

せん断力モーメントは、4つの面に作用する。反時計まわりのせん断応力M1と時計まわりのせん断応力M2が生じる。これらの応力τ1とτ2は等しいため、共役せん断応力という。