『道徳形面上学の基礎づけ』カント

『道徳形面上学の基礎づけ』カント

『道徳形面上学の基礎づけ』はカントの著作のひとつで『実践理性批判』とともにカントの倫理学や道徳論について書かれている。『実践理性批判』よりも間接的に述べられ入門書的な立ち位置である。善いことをなそうとする善意志は、たとえ結果を出せない場合でもその価値を失わない。行動の純粋な動機を重んじる道徳観が説かれる。