『キリスト教綱要』カルヴァン

キリスト教綱要』カルヴァン

キリスト教綱要』は宗教改革の中心だったカルヴァンの主著。フランスにおける新教徒の迫害を逃れ、 スイスのバーゼルに亡命中の1536年に刊行された。神の絶対的主権への人間の服従が強調され、救いかは神の恩恵によって予め予定されているという予定説職業召命観について書かれており、人間は神の栄光を実現するために奉仕するべきだと説く。初版では比較的短い数百項であったが、それはもろもろの挑戦に反論していく課程で加筆・改稿させていくことになる。最終版はラテン語は1559年、フランス語は1560年に出版された。プロテスタンティズムのもっとも重要な書籍のひとつで、最初の組織神学のひとつともなった。