長州藩

日本史

奇兵隊|名付けて奇兵隊と言わん。

奇兵隊 奇兵隊とは、身分に関わらず兵士として参加できる能力主義の部隊で、長州藩の高杉晋作が設立した。文久3年(1863)下関で外国軍艦の来襲に備えるため奇兵隊を結成した。高杉晋作は、上海への留学中に清国でイギリス軍と戦っていた民兵をみ...
日本史

木戸孝允(桂小五郎)|長州藩,維新の三傑

木戸孝允(桂小五郎) 木戸孝允(桂小五郎)は幕末・明治初期を代表する政治家である。長州藩士。藩政の中心として、幕末期の長州藩を主導し、西郷隆盛・大久保利通と共に維新の三傑と称された。松下村塾で学び、積極的に攘夷を唱えながらも、開明的な...
日本史

薩長同盟|坂本龍馬と中岡慎太郎の仲介による和解

薩長同盟 尊王攘夷を掲げ倒幕に進む長州藩と、近代化を推し進め幕府とも協力関係にあった薩摩藩とが互いの対立を和解し、薩長同盟を結んだ。土佐の中岡慎太郎や元土佐藩の坂本龍馬が政治的・経済的に仲介役を担い、国力を疲労させる内乱を避け、倒幕に...
日本史

大政奉還|徳川慶喜による朝廷への統治権の返上

大政奉還 大政奉還とは、1867年10月14日薩摩藩や長州藩が打ち立てた新政府軍との軍事衝突を恐れた江戸幕府が朝廷に統治権を返上したこと。薩摩藩や長州藩に加えて土佐藩や芸州藩も新政府軍に加わったのをみて、二条城の日の丸御殿にて、徳川慶...
日本史

薩土同盟|薩摩藩-土佐藩-長州藩の協力体制

薩土同盟 武力による討幕を訴える薩摩藩と穏健的で公議政体論を掲げる土佐藩が同盟関係を結ぶ。中岡慎太郎や坂本龍馬など土佐藩に縁のある人物の仲介で、土佐藩は薩摩藩との盟約関係を構築した。薩摩藩はそれ以前に薩長同盟を結んでおり、やがて土佐藩...
日本史

下関戦争(四国艦隊下関砲撃事件)

下関戦争 下関戦争とは、列強(アメリカ、フランス、オランダ、イギリス)の軍隊は、下関海峡を通行不能とした長州藩と戦争状態に陥り、長州藩が敗北した戦争である。アメリカ、フランス、イギリス、オランダの四カ国から四国艦隊下関砲撃事件とも呼ば...
日本史

禁門の変(蛤御門の変)|第一次長州征伐,池田屋事件,真木和泉,久坂玄瑞

禁門の変(蛤御門の変) 禁門の変とは、元治元年1864年、長州軍による京都御所への襲撃をいう。池田屋事件の知らせが長州に届くと長州の家老たちは1600人の兵を連れて京都へ出陣した。7月長州軍は京都御所の周りに布陣し、御所に向かって攻撃...
日本史

八月十八日の政変|薩摩藩・会津藩と長州藩との衝突

八月十八日の政変 八月十八日の政変は、1863年8月18日、公武合体論を推し進める薩摩・会津の両藩が、尊皇攘夷派の公家三条実美たちを京都から追放した事件。公家の三条実美ら長州藩を中心に攘夷運動を支援していた。京都守護職会津藩は蛤門にて...
日本史

長州藩外国船砲撃事件|長州藩による外国船への砲撃

長州藩外国船砲撃事件 長州藩外国船砲撃事件とは、長州藩によアメリカ、フランス、オランダなどの外国船に対する砲撃。1863年5月11日以降に起こった一連の砲撃と外国軍隊による報復攻撃を総じて長州藩外国船砲撃事件と呼ばれる。攘夷を決行を決...
日本史

第二次征長戦争(第二次長州征伐)

第二次征長戦争 第二次征長戦争は、14代将軍家茂は、再び討幕を掲げ度重なる召喚拒否する長州藩に対し、長州征伐を決定、第一次征長戦争に次ぐ幕府軍と長州軍の戦争である。長州軍は亀山社中仲介にて欧米の近代兵器をそろえており、圧倒的多数の幕府...